top of page
  • 執筆者の写真Laugh House 秋元

鍵穴にいたずら!三協立山アルミプロセレーネSTK GOAL D9シリンダー交換

更新日:2021年11月11日

今回ですが東京都江戸川区のお客様で

旅行から帰ってきた直後に鍵穴にボンドみたいなのもを入れられた

とのことで修理できるかどうか見てほしいとお問合せを頂きました。


鍵屋さんならわかると思いますが年間で以外に多い案件です。

お問合せから1時間後、現場に到着。


このような案件はだいたい鍵穴にいたずらされて鍵がささらないので玄関解錠でのご依頼が多いですが

扉が開いている!?


状況を確認。


お客様『旅行から帰ってきたときはいたずらされていなかったんですよね……』

僕『いつ気づきましたか?』


お客様『旅行から帰って来て家でゆっくりしていて、スーパーに夕飯の買い物に行くときに玄関の鍵をかけようと思ったら鍵がささらなかったのでよく見たら鍵穴にボンドみたいのが入っていたんですよ』


僕『えぇーー』

僕『警察には被害届出しましたか?』

お客様『先ほど警察の方にご相談しました』

僕『タイミングがなんか怖いですね』

お客様『そうなんですよ。ちょっと怖いので警察の方にそれも伝えたらパトロールを強化するみたいです』

僕『そうですか。では詳しく状況を確認致します』



いたずらされていたのは上の鍵。下の鍵は異常ありません。

アロンアルファがぎっしり入っています。

かなり悪質ですね…


このような状況ですと修理不可です。ある程度異物が取れたとしてもシリンダーの中は精密に作られていますので鍵が回らなかったり、かなり固くなりそのまま使用すると玄関が開かなくなり危険ですので交換が必要になります。


幸いカラーは無傷でしたのでシリンダーの交換のご依頼を頂きました!!

ありがとうございます!!



今回は一カ所のみの交換になり、鍵を2本持ちでもよいとのこと。

在庫がありませんでしたので後日お伺い致しました。

交換するまで下の鍵で開け閉めするのは利便性が悪いとのことで鍵を上下を逆にして交換致しました。



商品入荷後再度お伺い致しました。

鍵を取り外し。錠前洗浄。シリンダーを分解して新しいものに交換。


動作確認して作業終了になります。


ありがとうございました!!!

閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page